ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1118日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

参加児童減で惜しまれつつ

剣士育成 最後の錬成大会 愛南・城辺 郡内外160人 統一稽古と試合に汗

2019年11月9日(土)(愛媛新聞)

一緒に稽古に励む小学生剣士ら

一緒に稽古に励む小学生剣士ら

 愛南町内外の小学生が稽古と試合を行う「城辺剣道錬成大会」(城辺子供剣道後援会、城辺地区体育協会主催)がこのほど、同町城辺の城辺小学校であった。地元の参加児童減少を受け、27回目の今大会が最後。約160人が日ごろの成果を披露し、さらなる成長への刺激を受けた。

 南宇和郡内の小学生剣士育成を目的に1993年に始まり、統一の稽古や地元中学生との交流などを行って児童のレベルアップに貢献してきた。郡外にも浸透し、今年は宇和島、松山両市や高知県からも参加があった。

 児童らは、指導者や城辺中生徒のお手本を見た後、素振りや小手などを声を出しながら繰り返し練習。「正しい姿勢を意識して」などと助言を受けて打ち込みにも汗を流し、最後は「何げなく練習せず、集中して腕を磨いていってほしい」とエールを受けた。稽古後は学年別トーナメント方式で個人戦と団体戦を行い、鍛錬の成果を競い合った。

 城辺子供剣道会の久徳秀樹監督(53)は「一緒に練習してから試合を行う大会は他にはないのでは。寂しい気持ちはあるが、子どもたちには勝ち負けだけではなく、剣を交えることで仲良くなれる剣道の良さを今後も味わってほしい」と願っていた。

 

 上位入賞は次の皆さんと団体。

 【個人】1・2年①東蒼空(宇和)②幸田唯斗(南宇和)③清水葵(宇和島)黒田夏羽(南宇和)▽3年男子①竹村颯真(南宇和)②弓削明之(宇和島)③形山暖季(石城)明神克弥(三間)▽4年男子①吉見彰将(三間)②大黒煌治(宇和島)③井関新太(南宇和)吉岡幸我(三間)▽3・4年女子①藤原杏樹(三間)②曽我栞那(同)③成川麗愛(久万)松前希歩(石城)▽5年男子①友沢良太(宇和島)②水谷孝之(久万)③倉田恵伸(南宇和)仙頭迅(山奈)▽5・6年女子①若松愛華(石城)②伊芸みなる(一心会)③菊池彩香(宇和島)黒田紗依里(南宇和)▽6年男子①大野泰史(三間)②赤松大翔(光武館)③二神彰希翔(南宇和)都築隼(宇和)

 【団体】低学年①宇和島剣道会②宇和剣道教室A③南宇和剣道会A、三間剣道会A▽高学年①南宇和剣道会②三間剣道会A③宇和剣道教室、宇和島剣道会

 【南宇和剣道会長賞】二神彰希翔(南宇和)

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。