ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1118日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

Bリーグ2部

愛媛OV2点差に涙 青森に76―78 序盤リード、逆転喫す

2019年11月9日(土)(愛媛新聞)

【愛媛OV―青森】第3クオーター、愛媛OV・タプスコットのシュートで56―56の同点にする=コミセン

【愛媛OV―青森】第3クオーター、愛媛OV・タプスコットのシュートで56―56の同点にする=コミセン

 

【愛媛OV―青森】第3クオーター、愛媛OV・タプスコットのシュートで56―56の同点にする=コミセン

【愛媛OV―青森】第3クオーター、愛媛OV・タプスコットのシュートで56―56の同点にする=コミセン

 

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は8日、松山市総合コミュニティセンターなどで3試合を行い、西地区4位の愛媛オレンジバイキングス(OV)は東地区5位の青森に76-78で惜敗した。通算成績6勝10敗で、順位は4位のまま。(観客1054人)

 愛媛OVは楯や伊集らの3点シュートを中心に加点し序盤で突き放すことに成功したが、第2クオーターは相手のペースで点差を縮められ、1点リードで前半を折り返した。第3クオーターもインサイドからの失点が多く逆転を許し、終盤に高畠やタプスコットの得点で猛追したが、あと一歩及ばなかった。

 次戦は9日午後3時から、同センターで青森と戦う。

 

◆シュート入らねば◆

 【愛媛OV・グレスマンヘッドコーチ(HC)の話】 チームとして良くなっているが、シュートが入らなければ勝てない。第2クオーターは攻めあぐねた面があったが、後半はやろうとしていることはできていた。

 

◆全員が同じ強度で◆

 【青森・北谷HCの話】 第2クオーターから守備を変え、流れをつかめた。控え選手がいい攻撃をし、全員が同じ強度を持って試合ができるようになった。外国人選手が役割をしっかり果たしたことも勝てた要因だった。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。