ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1215日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県庁

特別支援学校の生徒 清掃研修でプロから学ぶ

2019年11月8日(金)(愛媛新聞)

清掃技能向上に向けた研修で清掃用具の扱いなどを学ぶ特別支援学校の生徒(左)=7日午前、県庁

清掃技能向上に向けた研修で清掃用具の扱いなどを学ぶ特別支援学校の生徒(左)=7日午前、県庁

 県立みなら特別支援学校(東温市見奈良)と同校松山城北分校(松山市馬木町)の高等部2年の生徒4人が7日、県庁で、清掃技能ステップアップ研修の初日に臨んだ。主催した愛媛ビルメンテナンス協会と県ビル管理協同組合の清掃のプロから指導を受けながら、清掃方法や用具の扱いなどを学んだ。

 生徒の就労機会を広げようと両団体は、県と就労支援に関する協定を結んでおり、研修は初の試み。

 清掃前に同組合の藤田一郎専務理事が「分からないことは納得するまで聞いてください。一つ一つの用具の使い方を身に付けてほしい」とあいさつした。

 生徒は、用具の持ち方などのアドバイスを受けながらエレベーターホールや廊下などをきれいにした。みなら特別支援学校の女子生徒(17)は「学校で学んだことを生かせると思う。将来の仕事を選ぶ参考にしたい」と話した。

 研修は13日までに5日間あり、松山空港やホテルなどでも行う。

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。