ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1215日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

約30人が参加

モザンビーク選手団と高校生 松山で交流会

2019年11月6日(水)(愛媛新聞)

モザンビークの選手らと談笑する交流会参加者

モザンビークの選手らと談笑する交流会参加者

 県内で合宿しているモザンビークの東京五輪・パラリンピック代表候補選手団との交流会が3日、松山市三番町6丁目のコムズであり、市内の高校生ら約30人が同国の文化などを学んだ。

 東京五輪に向け県と新居浜、松山、伊予の3市は、同国の五輪委員会と事前合宿に関する基本合意書を締結。ボクシングと陸上の選手、コーチら計8人が10月26日から2週間の合宿中で、同国で武器回収や公民館建設などに携わってきた松山市のNPO法人えひめグローバルネットワークが交流会を催した。

 参加者は競技の話題などで歓談。会場には民族衣装や楽器なども展示され、最後はモザンビークの国歌を全員で歌い、楽しんだ。

 パラ陸上のエドミルサ・ゴベルノ選手(21)は「とても温かいおもてなしで、うれしかった」と笑顔。松山東高1年の女子生徒(15)は「モザンビークを知らなかったが、行ってみたい」と話した。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。