ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
129日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

秋季四国高校野球

最終日 決勝【尽誠学園 1-8 明徳義塾】明徳義塾10度目V 尽誠学園下す

2019年11月4日(月)(愛媛新聞)

 秋季四国地区高校野球大会最終日は3日、徳島県の鳴門オロナミンC球場で決勝を行い、明徳義塾(高知3位)が尽誠学園(香川1位)を8-1で下し、2年ぶり10度目の優勝を果たした。明徳義塾は15日から神宮球場で行われる明治神宮大会に出場する。

 

 【評】明徳義塾は中軸打線が走者をきっちりかえして快勝した。三回、1点を先制し、なお2死一塁で元屋敷が2点本塁打。五回は新沢の適時打で1点、八回も新沢の2点打などで4点を加えた。先発新地は打たせて取る投球で無四球完投。

 尽誠学園は七回、福島の右前適時打で1点を返したが反撃もここまで。エース村上は7四球と制球が定まらなかった。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。