ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1214日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

伊予市で駅伝大会

市民ランナー300人、たすきつなぐ

2019年11月3日(日)(愛媛新聞)

競技場のトラックを駆け抜ける選手

競技場のトラックを駆け抜ける選手

 第23回しおさいクリテリウム駅伝大会(伊予市スポーツ協会主催)が3日、愛媛県伊予市森のしおさい公園周辺であり、県内の市民ランナー約300人が家族や仲間の声援を背に全力で駆け抜けた。

 38チームが出場した一般の部は7区間計40キロでたすきをつないだ。女子の部は4キロのマラソン形式で4チームが出場し、上位5人の合計タイムを競った。

 チームごとに色とりどりのユニホームを身にまとい、午前10時の合図で一斉にスタート。中継点では次の走者が「ナイスラン! 後は任せて」とたすきを受け取っていた。

 大会は第70回愛媛駅伝と第16回愛媛駅伝選手権女子の部の予選会を兼ねて実施された。

 内子走友会の吉本寿俊さん(50)は「今年は何とか愛媛駅伝に出場したい。少しでも予選通過タイムをクリアできるよう『貯金』をつくれたら」と意気込んでいた。

 

 上位入賞チームは次の通り。

 【一般の部】①石井体協A(2時間15分58秒)②新居浜楽走会(2時間16分46秒)③津島体協(2時間21分52秒)【女子の部】①吉田浜クラブ(1時間26分07秒)

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。