ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1215日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県内では松山駅で販売

「1」並びの改元入場券 JR四国、1111セット発売へ

2019年10月30日(水)(愛媛新聞)

「1」並びにこだわった記念入場券セット(見本)

「1」並びにこだわった記念入場券セット(見本)

【令和1年11月11日 午前11時11分発の11駅】

 JR四国は令和元年11月11日の「1」並びの日付が入った改元記念入場券セットを発売する。午前11時11分発の列車がある11駅をセットにした。1並びにこだわり、1111セット限定で当日午前11時11分から、県内では松山駅で販売する。

 JR四国によると、11駅のうち、愛媛県内は伊予西条と伊予富田(今治市)の2駅。香川、高知両県は各4駅、徳島県1駅。「今春のダイヤ改正で偶然、11駅になった」と担当者も驚く。台紙は新元号の典拠となった万葉集の一節から「夜」「月」「梅」などをイメージしてデザインした。1870円。

 四国内259駅で唯一、「一」の付く土佐一宮駅(高知市)発の1110円記念乗車券も同時発売する。

 両商品とも通し番号を付け、「0001」「0011」「0111」「1111」は松山、高松、高知、徳島の4駅で販売(各駅でどの番号を扱うかは当日発表)。午前10時までに並んだ希望者を対象に抽選で決める。

 JR四国は「限られた数ではあるが、令和元年の記念にしてほしい」と話している。問い合わせは同社電話案内センター=電話(0570)004592。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。