ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
120日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

J2・27日

愛媛FC なすすべなく 山形に0―3 3戦連続の無得点

2019年10月28日(月)(愛媛新聞)

【山形―愛媛FC】後半、愛媛FC・山崎(左から2人目)が相手と競り合う=NDソフトスタジアム山形

【山形―愛媛FC】後半、愛媛FC・山崎(左から2人目)が相手と競り合う=NDソフトスタジアム山形

 

【山形―愛媛FC】後半、愛媛FC・山崎(左から2人目)が相手と競り合う=NDソフトスタジアム山形

【山形―愛媛FC】後半、愛媛FC・山崎(左から2人目)が相手と競り合う=NDソフトスタジアム山形

 

 明治安田J2リーグは27日、第38節の11試合を行った。愛媛FCは山形県天童市のNDソフトスタジアム山形で山形と対戦し、0―3で完敗し3連敗となった。通算成績は11勝6分け21敗(勝ち点39)で順位は16位のまま。

 愛媛FCはセットプレーとミスから3失点した。

 愛媛FCは次節、11月3日午後3時から県総合運動公園ニンジニアスタジアムで町田と対戦する。

 

 【評】愛媛FCは3失点の完封負け。前半38分にCKから先制されると、後半16、17分にパスミスからロングシュートを立て続けに決められ、なすすべがなかった。

 球際で競り負け、ほとんど効果的なシュートが打てなかった。前半に藤本や近藤らがゴールに迫るシーンもあったが、3戦連続の無得点に終わった。

 

◆力がなかった◆

 【愛媛FC・川井監督の話】 シンプルに力がなかった。僕がその力をつけられなかった責任を感じている。遠くまで来てくれたサポーターに悔しい思いをさせてしまった。次節以降、信頼を勝ち得る試合を見せたい。

 

◆予測していた◆

 【山形・木山監督の話】 ある程度こういうゲームになるだろうと予測していた。しっかりプレーの強度を保ちながら試合を進め、ゴール前の質を上げることが必要だと選手に話していた。2、3点目は選手を褒めるべきだ。

 

◆自爆した印象◆

 【愛媛FC・岡本】(3失点に)「GKは止めないといけなかったが、高い位置を取るだけにミスがあるときつくなるのは確か。全体的にミスが多く、自爆したような印象だ。セットプレーとミスで失点し最悪の出来だった」

 

◆厳しい結果だ◆

 【愛媛FC・藤本】(3戦連続の無得点に)「厳しい結果だし、整理しきれない。チームとしてチャンスをつくれず難しさがあった。ミスもあったが、自分はボールをどうゴールにつなげるかだけを考えたい」

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。