ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
222日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

なでしこリーグ2部第18節

愛媛FCレディース昇格V 頂戦 なでしこの峰へ

2019年10月27日(日)(愛媛新聞)

【愛媛FCL―オルカ鴨川】後半13分、大矢の先制ゴールに喜ぶ愛媛FCLイレブン=県総合運動公園球技場

【愛媛FCL―オルカ鴨川】後半13分、大矢の先制ゴールに喜ぶ愛媛FCLイレブン=県総合運動公園球技場

 

【愛媛FCL―オルカ鴨川】後半13分、大矢の先制ゴールに喜ぶ愛媛FCLイレブン=県総合運動公園球技場

【愛媛FCL―オルカ鴨川】後半13分、大矢の先制ゴールに喜ぶ愛媛FCLイレブン=県総合運動公園球技場

 

 サッカー女子のプレナスなでしこリーグ2部最終節は26日、県総合運動公園球技場などで5試合を行い、首位の愛媛FCレディース(L)はオルカ鴨川と1―1で引き分けた。最終成績は11勝3分け4敗(勝ち点36)で2部初制覇を果たした。

 愛媛FCLは後半13分に大矢のゴールで先制。同点とされた後もピンチを防ぎきった。

 2位のC大阪堺は1部9位との入れ替え戦に進む。

 

 【評】愛媛FCLは粘り強く引き分けに持ち込んだ。

 前半から優位に試合を進め、サイド攻撃から上野や大矢が積極的にシュートを放った。後半13分に上野、山口とつなぎ、シュート気味のクロスを大矢が右足で押し込んだ。

 5分後にゴール前の混戦から押し込まれて同点。その後もカウンターなどでピンチを迎えたが、守備陣を中心に最後まで追加点は許さなかった。

 

◆選手の頑張り 結実◆

 【愛媛FCL・赤井監督の話】 予想以上にサポーターが駆け付けてくれた。感謝したい。狙い通り得点できたし、選手たちの頑張りがこの結果につながった。1部は厳しいが、もう一度今季を振り返りながら準備したい。

 

【選手ひと言集】

 【上野真実】 ボールを持ったときに相手をうまく動かしながら、ずれを突けた。目標が達成できてうれしい。

 【佐藤比香理】 1対1や競り合いで負けないことを意識した。応援の力が大きく、プレーの助けになった。

 【高橋杏奈】 何が何でもゴールを決めさせないようにプレーした。最後はうまく試合をコントロールできた。

 【吉原南美】 けがで出られない選手の分も頑張ろうと思った。厳しい状況の中でも優勝できて本当によかった。

 【阿久根真奈】 チーム一丸で戦ってきたので最高。1部で厳しい戦いが待っているので日々の練習から頑張る。

 【三田一紗代】 チーム、スタジアム全体が勝利へ一体となっていた。1部でもしっかり戦える選手になりたい。

 【鎌田蘭】 攻撃の芽を摘む役目を果たせた。終盤に足がつったが、交代枠を使い切っていたため踏ん張った。

 【松本苑佳】 セカンドボールを拾えるかどうかで流れが変わる。その部分は中盤として仕事ができたと思う。

 【向谷綾香】 途中交代したが不安はなかった。在籍8年目の優勝はいろんなことを思い出し号泣してしまった。

 【西川早弓】 思うようにボールを動かせた。ここまで苦しいことの方が多かったが、ホームで決められて最高。

 【筬島彩佳】 球際で絶対負けない思いで臨んだ。1部で自分たちがどこまでやれるのか今から楽しみ。

 【桜井由衣香】 自分たちの声が聞こえないぐらいの声援が背中を押してくれた。来季までに個の能力を上げたい。

 【西村望】 年々涙もろくなり、先制後は泣いてしまった。一人一人が成長しており、みんなの背中が頼もしい。

 【仲松叶実】 愛媛のサッカーは本当に楽しい。自分たちに失うものはない。挑戦者として来季も楽しむ。

 【山城見友希】 道のりは長かったが、まだ実感はない。焦らずけがを治してチームの力になりたい。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。