ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1211日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

発信!北宇和高校生記者

女子ソフトテニス部 再出発 2年で県4強

2019年10月27日(日)(愛媛新聞)

 

 

全員で声を出しながらボレーの練習に励む北宇和高の女子ソフトテニス部員

全員で声を出しながらボレーの練習に励む北宇和高の女子ソフトテニス部員

全員で声を出しながらボレーの練習に励む北宇和高の女子ソフトテニス部員

全員で声を出しながらボレーの練習に励む北宇和高の女子ソフトテニス部員

 北宇和高校女子ソフトテニス部は2017年春、1年生5人で活動を再開した。それから2年後、今年の県総体団体でベスト4入り。準決勝で、優勝した今治北高に敗れたものの、四国大会にこまを進めた。新チームに切り替わり、部員は新たな歴史を刻もうと練習に取り組んでいる。

 3年生が入学時、部員はゼロで休部の状態。同好会として活動する中、保護者らの協力を得ながら復活に向けた運動をし、その年の秋に部に昇格した。

 新チームは1年生2人、2年生6人でスタート。9月の県新人大会地区予選での敗退をバネに、活動に力を入れている。

 練習は放課後3時間、休日は午前8時から4時間ほど費やす。ミスに対して責任を持つよう、体幹トレーニングを課すなど工夫。声を出すことで、いい雰囲気で試合に臨めるようにもしている。

 スローガンは「どこにも負けない明るさと元気」。井上笑吏奈監督(24)は「部員一人一人とコミュニケーションをとり、責任感を持ってもらうようにしている」と指導方針を説明する。

 校内の専用コート。ボレーの練習中も元気いっぱいの声が響く。互いにアドバイスしながら個々のスキルアップを図る。

 前主将の3年山下胡桃さん(17)は「勝つぞという強い気持ち、部を復活させたパワーや元気を引き継ぎ、勝ち進めるチームになってほしい」と期待する。

 チームの合言葉は「(団体、個人)県総体出場」。現主将の2年善家歌梨さん(17)は「全員が技術を高め、目標を達成したい。誰からも応援されるチームになりたい」と誓っている。

 

 

【目線】

【地方創生・広報委員会】

 部員一人一人が声を出して頑張る姿から、強くなりたいという思いが伝わってきた。一丸となり団体、個人ともに県総体出場の目標を達成してほしい。先輩の一人として、楽しみにしている。(O)

……………………………

 タイトルカットは松山南高砥部分校デザイン科制作。高校生記者の活動は愛顔(えがお)スポーツ応援アプリ(愛媛新聞ONLINEアプリ)で随時更新。

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。