ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
75日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

なでしこリーグ2部

愛媛FCL大一番 きょう26日、オルカ鴨川と最終戦 悲願の昇格へ チーム一丸

2019年10月26日(土)(愛媛新聞)

最終戦の大一番に向け、練習に励む愛媛FCレディース=愛フィールド梅津寺

最終戦の大一番に向け、練習に励む愛媛FCレディース=愛フィールド梅津寺

 

最終戦の大一番に向け、練習に励む愛媛FCレディース=愛フィールド梅津寺

最終戦の大一番に向け、練習に励む愛媛FCレディース=愛フィールド梅津寺

 

 サッカー女子のプレナスなでしこリーグ2部で首位の愛媛FCレディース(L)は26日午後1時から、県総合運動公園球技場で3位のオルカ鴨川と今季最終戦を戦う。引き分け以上で初優勝と1部昇格が決まる大一番となる。

 愛媛FCLの通算成績は11勝2分け4敗で勝ち点35。昇格争いをする2位のC大阪堺、オルカ鴨川とは勝ち点3差の混戦だ。1位が1部に自動昇格、2位は1部9位との入れ替え戦に進むが、敗れた場合は得失点差で3位転落の可能性もある。

 前節のニッパツ横浜FC戦では、警戒していた相手エースに2得点を許し1―2で逆転負けを喫した。最終ラインを担った筬島は「どちらも自分たちのミスで奪われてゴールまでいかれた。ボールを動かして試合を組み立てる中でミスを減らしていかないと」と気を引き締める。

 オルカ鴨川は、長年なでしこジャパンで活躍したベテラン近賀がチームを引っ張る。リーグ最少失点の堅守からのカウンターが武器だが、フィジカルで劣る愛媛に対し開始から厳しいプレッシャーをかけ、積極的に先制点を狙いにくる可能性もあり注意が必要だ。

 前節ゴールを決めた山口は「応援してくれる人たちの目の前で優勝して昇格できるチャンス。ボールを大切にみんなでつなぐサッカーができれば」と意欲を話し、向谷は「個人で勝てなくてもチームで戦えれば勝てる。今までお世話になった人たちの思いも背負って戦う」と必勝を誓った。

    インターネットの最新情報のことなら「サクッと光」

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。