ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1118日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

岡山・東児が丘マリンヒルズGC

きょう23日から都道府県アマゴルフ 愛媛いざ7度目Vへ

2019年10月23日(水)(愛媛新聞)

 

福岡大貴

福岡大貴

村上敦

村上敦

青野泰興

青野泰興

 第37回全国都道府県対抗アマチュアゴルフ選手権JA共済CUP(愛媛新聞社など主催、JA共済連特別協賛、富士通・NEC協賛)は23、24の両日、岡山県玉野市の東児が丘マリンヒルズGC(6992ヤード、パー72)で行われる。

 47都道府県の代表48チーム(岡山は2チーム)が36ホールのストロークプレーで団体戦と個人戦を争う。団体戦は各チーム3人の合計スコアで競う。

 6度の優勝を誇る愛媛勢は、6月の県オープンゴルフで上位に入った福岡大貴、村上敦、青野泰興の3選手が出場する。福岡、青野は初出場となるが、2011年の団体優勝メンバーである村上の経験を生かし、7度目の栄冠を狙う。

 会場は07年5月に当時15歳の石川遼が日本男子ツアー史上最年少優勝を飾ったコース。比較的高低差は少ないものの、傾斜やうねりがきついグリーンのホールは難易度が高い。

 アウトコースで唯一打ち下ろしとなる4番ホールがポイント。2段構成のグリーンを攻略し、波に乗りたいところだ。インコースでは17番ホールが勝負の鍵を握る。グリーン前の巨大なバンカーのほか、海風も大きく影響してくるホールで、正確な読みが重要となる。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。