ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1114日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

日本画・彫刻・書道・工芸

第68回秋の県展 前期・作品紹介

2019年10月23日(水)(愛媛新聞)

【日本画】段ノ上翔太「憩いのひととき」

【日本画】段ノ上翔太「憩いのひととき」

【彫刻】小田久義「指定席」

【彫刻】小田久義「指定席」

【書道】平林光華「陳炳詩」

【書道】平林光華「陳炳詩」

【工芸】近藤美鈴「春を待つ」

【工芸】近藤美鈴「春を待つ」

 第68回秋季県展(県美術会、愛媛新聞社など主催)の前期展(日本画、彫刻、工芸、書道)が29日まで、松山市堀之内の県美術館南館で開かれている。審査評などをもとに一般・会員の主な作品を紹介する。

 

【日本画 大賞作、心地よい表現】

 日本画の出品総数は、昨年より6点少ない120点。県美術会大賞の段ノ上翔太「憩いのひととき」は、本棚を背景にたたずむ人物画。背景の本棚の表現を淡く抑えたところが、心地よい楽譜のようだ。

 会員優賞の曽根すず子「古代魚」は、構成力、表現力、精緻で確かな技術において、群を抜いていた。

 準会員賞2作品のうち、越智紀子「新緑」は、構成と筆運びのリズム感がいい。真鍋妙子「旅の記憶」は、暗いトンネルから出た印象をバランス良く配しており、強いコントラストの表現が目を引く。

 特選の末光サダ「薊」は、水墨画のモチーフとしては新鮮みに欠けるが、筆跡の力強さが縦長の画面を生かしており、良く表現されている。中尾真澄「土佐ジロー」は、背景の金箔(きんぱく)と力強く動きのある鶏が、強いコントラストで強調され圧倒的だ。

 推奨の松井陽子「牡丹」は、ボタンを渋く力強く表現しており、強い精神力を感じさせる。

 

【彫刻 材料、木・金属など多様】

 出品総数は昨年比3点増の19点。ここ数年、数点ずつ増加する傾向にある。表現材料も木、金属、樹脂、石こう、石など多様で、内容は具象と抽象が半々というところ。小型化傾向はあるが、いずれも努力作だ。

 特選の小田久義「指定席」は、椅子の形をした木彫りの抽象作品。座り心地の悪そうな不安定な「席」に座るのは誰?

 推奨の渡部龍彦「わんぱく坊主」。桜の木を丁寧に彫り込んだ少年像の具象作品で、かわいい子どもの姿が印象的に表現されている。

 入選作品の越智公行「未来の化石」は、かばんに時計が入っている様子を瓦粘土で作った。柔らかいものが固まり化石になったような作りが面白い。鴨川金三「杖」は、つえをついた老人をヒノキに彫ったレリーフで、のみを使うテクニックに優れる。武智史紋「屹度」と松尾玲奈「甦生」は、久しぶりの高校生による出品。どちらも今後が楽しみな作品だ。

 

【書道 若年層の出品増える】

 漢字、かな、篆刻(てんこく)といった伝統的な分野から大字や前衛書などの現代性や精神性を追求した分野まで、多種多様な作品が寄せられ、書のジャンルの大半を展観できる。若年層の出品が増えているのも近年の特徴で、今年は公募537点のうち中高生が66点を出品した。

 愛媛新聞奨励賞の平林光華「陳炳詩」は、運筆に緩急をつけながらも力強く屈託がない。練達の技量をうかがわせ、審査では「傑作」との声が出るなど高く評価された。特選の藤原弘史「懐土」は、墨のにじみを生かした巧みな潤筆が魅力。作品の奥深さや作者の精神性の高さを感じさせる。

 会員優賞は3点。河野隆志「越」が前衛書では初めて優賞に選ばれた。激流のような筆致で要約を徹底した渇筆の意欲作だ。大西玉菁「高啓詩」は、リズミカルな運筆で描かれた細い線が作品に気品をもたらしている。佐伯翠葩「蘇東坡詩」は、連綿と続く複雑な線の柔らかさと自在な変化が味わい深い。

 

【工芸 技量高くレベル向上】

 出品数は昨年より若干減ったもののレベルは向上。会員の作品も含めた81点を展示している。

 県美術会大賞の近藤美鈴「春を待つ」は着物。横糸のグラデーションと、梅柄の花模様で春の気配を表現した。タイトル通りの爽やかな労作だ。

 特選には3人が入った。宇治原富子の切り絵「風に舞ふ」は、風に吹かれて揺れるこいのぼりの動きを生き生きと表現。画面下部のハナショウブの配し方にも工夫が感じられる。浜田健太郎「大地に隆起する」はマガジンラックのような磁器。白と茶のコントラストに力強さがある。白地に施された細かな文様のバランスもよい。同じく磁器の馬越和夫「盛器」は彫りと漆の美しさの調和が見事だ。

 推奨は3点。高田洋子の竹細工「秋灯」は繊細な編み込みでスッキリ仕上げた。青の濃淡が清涼感を醸す中川彩伽の陶芸「瞬き」、丸みを帯びた形状と白の美しさがマッチした中矢匡威「白磁鉢」も、技量の高さがうかがえる。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。