ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1118日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

松山

ゲートボール17チームが真剣勝負

2019年10月22日(火)(愛媛新聞)

狙いを定め、スティックでボールを打つ参加者

狙いを定め、スティックでボールを打つ参加者

 県内のゲートボール愛好家が集まる大会「愛媛ロード2019」(県ゲートボール連合主催)が17日、松山市拓川町の拓川市民運動広場であり、17チームの30~90代の計約80人が真剣勝負を通じて交流した。

 1チーム5~7人の30分制で、各チームが予選と順位決定リーグの計4試合を戦った。参加者はチームで作戦を練りながら試合を進め、狙い通りにボールを打つとガッツポーズやハイタッチ。会場にはスティックとボールの「かつん」という打球音が響いた。

 松前町の男女でつくる松前クラブの高尾妙子さん(80)=同町西古泉=は「運動をしないといけないと思って始めたが、今ではすっかり面白さにはまっている。今日はチームの調子もいい」と笑顔で話した。

 

 上位入賞は次の通り。

 Aクラス ①よしうみ泊②愛媛クラブ③今治若葉▽Bクラス ①ザ・ひま人B②今治おんまく③関川

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。