ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1116日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

FC今治

きょう20日、大一番 仙台戦

2019年10月20日(日)(愛媛新聞)

ソニー仙台戦の前日練習で汗を流すFC今治=19日、今治市高橋ふれあいの丘

ソニー仙台戦の前日練習で汗を流すFC今治=19日、今治市高橋ふれあいの丘

 日本フットボールリーグ(JFL)で3位につけるFC今治は20日午後1時から、ありがとうサービス.夢スタジアムで2位ソニー仙台と対戦する。勝ち点41で並ぶ上位の直接対決。調子を落としているチームを立て直し、J3昇格への道筋を付けられるか。小野監督の手腕が問われる大一番だ。

 FC今治の通算成績は11勝8分け4敗。前節、MIOびわこ滋賀に終了間際に勝ち越し弾を決められて今季初の3連敗を喫し、チームが誇る堅守がほころびを見せ始めている。経験豊富なMF橋本は「けがや累積警告などで出場メンバーが変わる中で、ポジショニングやプレーのずれが重なったときに失点してしまっている。中盤からしっかりプレッシャーをかけることが大切」と気を引き締める。

 ソニー仙台は12勝5分け6敗。得点ランク2位タイの12ゴールを挙げるFW内野らJFL屈指の攻撃力を誇る。小野監督は「勝ち点を逃しているからと慎重になりすぎると自分たちを見失う」とし、選手にはこの1週間を通して「強気のプレー」を指示。FW飯泉をセンターバックに起用した前節のシステムを引き継ぐ見通しだ。

 2試合連続ゴール中と気を吐いているFW桑島は「調子が悪いわけではないが、毎回2、3点取るチャンスを逃してしまっている。ソニー仙台戦は簡単な試合にはならないが、球際を激しくいって複数得点を狙う」と活躍を誓っている。

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。