ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1117日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

五輪銅メダリスト指導も

仏クラブと柔道交流 宇和島の児童・生徒

2019年10月18日(金)(愛媛新聞)

地元小学生に胸を貸すロンドン五輪銅メダリストのオトーヌ・パビア選手=17日、宇和島市総合体育館

地元小学生に胸を貸すロンドン五輪銅メダリストのオトーヌ・パビア選手=17日、宇和島市総合体育館

 フランス南部の都市カルカソンヌの柔道クラブ「Budo Club11」の選手や指導者ら15人が17日、宇和島市で地元の児童生徒との合同練習などを通じて国際交流を楽しんだ。

 クラブ代表者の娘でロンドン五輪銅メダリストのオトーヌ・パビア選手(30)が、宇和島東高出身の宇高菜絵選手(34)=コマツ=と親交があり、その縁で市内での合宿が実現。地元の柔道関係者や行政も協力した。

 メンバーは16日に来日し、17日は津島地域の小中学校を訪問。交流後、宇和島市総合体育館で市内の小学生や高校生約20人と稽古に汗を流した。パビア選手も参加し、小学生と楽しそうに乱取り稽古などをした。

 22日まで市内に滞在予定で、合同練習や学校訪問を続け、真珠加工体験など地域文化にも触れる。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。