ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1117日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

松山で「かけっこチャレンジ」

気分は短距離走選手 300人が2種目挑戦

2019年10月18日(金)(愛媛新聞)

100㍍競走で一生懸命にゴールを目指す子どもたち

100㍍競走で一生懸命にゴールを目指す子どもたち

 「全国統一かけっこチャレンジ2019」が14日、松山市上野町の県総合運動公園ニンジニアスタジアムで行われ、5~70歳の約300人がトラックを駆け抜けた。

 走る楽しみを身近に感じてもらおうと全国で開催されており、愛媛では県スポーツ振興事業団が主催。50メートルと100メートルの2種目が実施され、参加者はスタートの合図と同時に一生懸命走りきった。タイムは陸上選手さながらに写真判定装置で計測され、ウェブで全国順位が分かる。

 かけっこ教室も開かれ、子どもたちは講師の指導を受け楽しみながら走る際の体の使い方を学んだ。障害者スポーツや体の柔らかさや跳躍力を測る体験コーナーもあった。

 宇和島市から家族で訪れ、100メートルに参加した鶴島小2年の男児(8)は「緊張したけど全力で走れた」。弟(6)は「楽しかった」と笑顔だった。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。