ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1118日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

「目の愛護デー」に合わせ

眼科医らが電話でアドバイス

2019年10月16日(水)(愛媛新聞)

電話で目に関する疑問や悩みを聞き丁寧に答える眼科医

電話で目に関する疑問や悩みを聞き丁寧に答える眼科医

 「目の愛護デー」(10月10日)に合わせ、「目のことなんでも電話相談」が13日、松山市大手町1丁目の愛媛新聞社であり、県眼科医会の医師6人が目に関する悩みや疑問に答え、アドバイスした。

 目についての正しい知識と大切さを知ってもらおうと、同会と愛媛新聞社が毎年開いており30回目。

 午前10時の開始直後から電話が相次ぎ、視力が低下していることへの不安や、緑内障の治療方法などに関する相談が寄せられた。医師は年齢や症状などを聞き取り、病気の説明をしたり、定期的に受診を続けるよう助言したりしていた。

 同会の原祐子会長は「高齢の方の相談が多いが、若い人もドライアイの症状やコンタクトのケアの問題があるほか、スマートフォンの使い過ぎで見え方が悪くなるなどしている」と指摘。「定期的に眼科に行く人は少ないが、定期受診が重要だ」と呼び掛けた。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。