ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1121日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

マツヤマお城下リレーマラソン2019 チーム紹介

<職場対抗>DREAM☆THANKS 社員もバイトも一丸

2019年10月10日(木)(愛媛新聞)

元気の良さを追い風に、3年ぶりに城山公園を走る「DREAM☆THANKS」のメンバー=2日、松山市二番町3丁目

元気の良さを追い風に、3年ぶりに城山公園を走る「DREAM☆THANKS」のメンバー=2日、松山市二番町3丁目

 松山市内で居酒屋など4軒の飲食店を経営する会社のメンバーでつくる「DREAM☆THANKS」。3年ぶり2度目の出場だが、メンバーの大半が初参加というフレッシュな顔ぶれだ。社長からアルバイトまで20~36歳の10人が今年の大会に臨む。

 出場を提案したのは、入社3年目の山田愛華さん(20)。前回出場時の写真を見て「仕事以外で、みんなが一丸になって頑張れることを私もやってみたい」と周囲に声を掛けた。「やってみるか」と前向きな姿勢を見せるスタッフがいれば「いや、もう走れんよ」と苦笑する先輩も。ただ仕事もレクリエーションもチームで行う、という社風が出場を後押しした。

 全員同じ店舗に勤務しているわけではなく、集まって練習する機会はほとんどない。中核店の店長を務める尾形俊輔さん(27)は「やるからには優勝ですよ」と気勢を上げるが、別のチームから出場する常連客から練習状況を聞き、焦りが広がっている状況だと山田さんは笑う。

 マラソン経験者や部活動で運動習慣のあるアルバイトの学生もいるが、とにかく楽しむことが目標。メンバー同士の仲の良さを武器に、明るく元気にたすきをつなぐ。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。