ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1121日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

茨城国体・弓道

成年女子近的優勝 決勝で11射的中 遠的と2冠

2019年10月8日(火)(愛媛新聞)

【成年女子近的決勝】愛知を11―7で下して頂点に立った愛媛チーム(左から滝水、越智、玉木)=茨城県武道館弓道場

【成年女子近的決勝】愛知を11―7で下して頂点に立った愛媛チーム(左から滝水、越智、玉木)=茨城県武道館弓道場

弓道近的で優勝した成年女子のメンバー(左から玉木、越智、滝水)=7日午前、茨城県武道館弓道場

弓道近的で優勝した成年女子のメンバー(左から玉木、越智、滝水)=7日午前、茨城県武道館弓道場

【成年女子近的決勝】愛知を11―7で下して頂点に立った愛媛チーム(左から滝水、越智、玉木)=茨城県武道館弓道場

【成年女子近的決勝】愛知を11―7で下して頂点に立った愛媛チーム(左から滝水、越智、玉木)=茨城県武道館弓道場

弓道近的で優勝した成年女子のメンバー(左から玉木、越智、滝水)=7日午前、茨城県武道館弓道場

弓道近的で優勝した成年女子のメンバー(左から玉木、越智、滝水)=7日午前、茨城県武道館弓道場

 第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」の弓道が7日、茨城県武道館弓道場であり、成年女子が近的で15年ぶり2度目の優勝を飾り、6日の遠的との2冠を達成した。

 

【先に好射 精神的優位に】

 放たれた矢が的中する「パンッ」という小気味よい音が、会場に何度も響いた―。弓道の成年女子近的で、愛媛は他県を圧巻する試技で頂点を極めた。前日に遠的を制した勢いそのままに初の2冠を達成し、3人は「2冠はまさか。すごくうれしい」と再び喜びを爆発させた。

 遠的では得点を伸ばせなかった決勝トーナメント1回戦で、女王の実力を早速見せつけた。一の立、滝水は「練習の時から当たりが集まっていたので、集中できていた」と、1射目を幸先よく的中させて「いけると確信できた」。越智、玉木もテンポよく矢を放ち、終わってみれば全員が皆中で相手に付け入る隙を与えなかった。

 決勝でも12射中、11射を的中。特に滝水は3戦全てで皆中するなど、15年ぶりの栄冠を勝ち取る原動力となった。会場からは「愛媛、強いなあ」「ハイレベルだ」と感嘆の声が聞かれ、県連盟の西原副会長も「2冠を狙える実力通りの力を発揮してくれて、安心して見ていられた」と手放しでたたえた。

 決勝後、勝因を聞いてみると「いつも通りにできたこと」を挙げた3人。早いペースで矢を放ち、先に的中させることで相手にプレッシャーをかける戦法が奏功した形だ。加えて、最年長の玉木は「滝水と越智はとにかく強気で、弱音を言わない。2人にここまで連れてきてもらった」と感謝を語った。

 レベルの高い選手選考を経て、チーム愛媛として互いに支え合い、高め合った末にたどり着いた頂点だった。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。