ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
126日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

神谷・山瀬 後半攻勢

愛媛FC2点差追い付く 京都と2―2

2019年10月7日(月)(愛媛新聞)

【愛媛FC―京都】同点ゴールを決め、喜ぶ愛媛FC山瀬(右)=たけびしスタジアム京都

【愛媛FC―京都】同点ゴールを決め、喜ぶ愛媛FC山瀬(右)=たけびしスタジアム京都

 

【愛媛FC―京都】同点ゴールを決め、喜ぶ愛媛FC山瀬(右)=たけびしスタジアム京都

【愛媛FC―京都】同点ゴールを決め、喜ぶ愛媛FC山瀬(右)=たけびしスタジアム京都

 

 明治安田J2リーグは6日、第35節の7試合を行った。愛媛FCは京都市のたけびしスタジアム京都で京都と対戦し、2―2で引き分けた。通算成績は11勝6分け18敗(勝ち点39)で順位は16位。

 愛媛FCは0―2の後半、神谷と山瀬が決めて追い付いた。

 愛媛FCは次節、13日午後3時から、県総合運動公園ニンジニアスタジアムで新潟と対戦する。

 

 【評】愛媛FCが後半の2ゴールで引き分けに持ち込んだ。

 前半34分にDF裏のスペースに抜け出され先制されると、後半12分にはカウンターから追加点を奪われた。

 後半から攻勢に出た愛媛は20分にCKの流れから神谷が決め、27分には相手ゴール前を崩し、近藤のクロスに山瀬が合わせて同点に追い付いた。

 

◆チームの成長実感◆

 【愛媛FC・川井監督の話】京都は前期戦った中で1番か2番目に強かった。時間がたっており比較はできないが、われわれは成長していると感じた。失点を減らすのは難しいが、点が取れているので前向きに取り組める。

 

◆相手 精度上がった◆

 【京都・中田監督の話】多くの声援をもらった試合だったが、自分たちのペースで進めなかった。2トップから得点が生まれたのは狙い通り。相手の速いプレッシャーの精度が前回より高まっていて、2失点につながった。

 

◆自分が求める形に◆

 【愛媛FC・神谷】(2試合連続ゴール)「いろんな選択肢があったが、カットインからのシュートが最も手っ取り早いと思った。いいタイミングだったし、コースも空いていた。自分が求めている形だった」

 

◆ラインがバラバラ◆

 【愛媛FC・西岡】(2失点に)「前半の途中から裏へのパスが増えてきて、DFラインがバラバラになった。ラインを高くキープしているためで、質の高いプレーを要求されている。やり続けて成長するしかない」

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。