ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
128日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

J2リーグ・第34節

愛媛FC好機逃さず 栃木に3―2 神谷躍動2発

2019年9月29日(日)(愛媛新聞)

【愛媛FC―栃木】後半ロスタイム、愛媛FC・神谷がゴールを決め3―1とリードを広げる=ニンスタ

【愛媛FC―栃木】後半ロスタイム、愛媛FC・神谷がゴールを決め3―1とリードを広げる=ニンスタ

 

 

 明治安田J2リーグは28日、第34節の7試合を行った。愛媛FCは県総合運動公園ニンジニアスタジアムで栃木と対戦し、3―2で勝利し、連敗を脱出した。通算成績は11勝5分け18敗(勝ち点38)で順位は15位に上がった。

 愛媛FCはCKやFKから効率的に得点し、5試合ぶりの白星を挙げた。

 愛媛FCは次節、10月6日午後2時から、京都市のたけびしスタジアム京都で京都と対戦する

 

 【評】愛媛FCがセットプレーの好機を生かした。

 前半は自陣にブロックを敷く栃木を攻めあぐねたが、36分にCK後の流れから田中が先制。後半は浮き球のパスでチャンスを狙う栃木の攻撃をしのぎ、17分に神谷の直接FKで突き放した。終盤に2点を返されたが、ロスタイムの神谷の2点目で逃げ切った。

 

◆借り返したかった◆

 【愛媛FC・川井監督の話】前回のホーム戦は四国ダービーで敗れていたので、借りを返したいという気持ちがあった。負ければ残留争いに巻き込まれる重圧のかかる試合で、セットプレーから得点できたのは大きかった。

 

◆非常に悔しい試合◆

 【栃木・田坂監督の話】非常に悔しい試合。愛媛の特長は分かっていて、分析もしていた。オープンプレーではほとんどやられなかったし、トレーニングでやったことは表現できたが、リスタートで2発やられてしまった。

 

◆いいボール入った◆

 【愛媛FC・田中】(前半36分に先制点)「CK後の流れで、もう少し戻っていないといけなかったかもしれないが、前野がいいボールを入れてくれた。自分は触っただけ。セットプレーで先制できたのは大きい」

 

◆攻撃より守備重視◆

 【愛媛FC・茂木】(右ウイングバックで先発し決勝点をアシスト)「攻撃より守備を重視し、いい入り方ができた。相手も僕が右サイドでプレーするとは考えていなかったと思う。もう少し攻撃のアクションが増やせれば」

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。