ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1215日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

秋季四国高校野球・県大会

第1日 1回戦【聖カタリナ学園 1-8 新田】新田猛攻コールド 聖カタリナ、得点機逃す

2019年9月29日(日)(愛媛新聞)

【聖カタリナ学園―新田】4回裏新田2死一、二塁、古和田の右前打で二走・松永が生還し、5―0とリードを広げる=坊っちゃんスタジアム

【聖カタリナ学園―新田】4回裏新田2死一、二塁、古和田の右前打で二走・松永が生還し、5―0とリードを広げる=坊っちゃんスタジアム

 【評】新田がそつのない攻撃を見せ七回コールド勝ち。三回に松永の適時打など打者一巡の猛攻で4点を先制。四、五回も相手のミスで得た好機を着実に得点につなげて突き放し、渡部と森田のリレーで反撃を封じた。

 聖カタリナ学園は序盤の得点機に打線がつながらず、五回に併殺崩れの間に1点を返すにとどまった。

 

◆点を取りきれず◆

 【聖カタリナ学園・山田主将】(七回コールド負けに)「ぶつかっていく気持ちで臨んだが、点を取れるところで取りきれなかった。消極的なところからミスが出たのも敗因。負けた悔しさを胸に、夏は勝ちにいきたい」

 

【積極走塁で圧力 新田】

 打線は水ものだが、足に波はない―。新田が積極的な走塁を呼び水に8得点を奪い、聖カタリナ学園との実力派私立校対決を制した。

 やや押され気味だった序盤の重たい空気を二つの盗塁で打ち破った。三回2死から四球で出た池内が二盗を決めると、主将松永がしぶとく中前に運び1点を先制。松永も続く打者の3球目に盗塁を成功させ、2点目を生み出す起点となった。

 「普段から走塁で相手を崩すことを意識して練習している。積極的にいけた」と松永。中盤以降も、外野の中継の隙を突いて進塁するなど相手に圧力をかけ続けた。

 聖カタリナ学園の5投手から計12安打を放つ快勝に、4番の古和田は「大振りせず、チーム全体でつなぐ意識を徹底できた」。2005年以来のセンバツ出場を目指すナインが、順調な滑り出しを見せた。

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。