ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
127日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

秋季四国高校野球・県大会

第1日 1回戦【新居浜南 1-7 帝京第五】帝京第五、流れ渡さず 新居浜南、序盤逸機響く

2019年9月29日(日)(愛媛新聞)

【新居浜南―帝京第五】4回裏帝京第五2死満塁、小嶋が中前へ2点適時打を放ち、6―0とする=宇和島丸山球場

【新居浜南―帝京第五】4回裏帝京第五2死満塁、小嶋が中前へ2点適時打を放ち、6―0とする=宇和島丸山球場

 【評】先行した帝京第五が流れを渡さなかった。初回、4連続四球による押し出しと片山の適時打、山崎のスクイズなどで4得点。四回に小嶋の2点打で突き放した。守りは3失策と乱れたが、最少失点で抑えた。

 新居浜南は三回まで計6安打で毎回好機をつくるも生かせず、六回の近藤悠の適時二塁打の1点にとどまった。

 

◆勝負球甘くなった◆

 【帝京第五・片山投手】(打っては適時打を含む2安打2盗塁。投げては7回1失点)「投球は自己採点70点くらい。納得いく球もあったが、勝負球が甘くなり打たれた。打撃はチャンスをつぶしたところを修正したい」

 

◆4失点は悔しい◆

 【新居浜南・石原左翼手】(初回、無死満塁で緊急登板)「まだブルペンで1球も投げられてなかったところはあるが、抑えて流れを持ってきたかっただけに4失点は悔しい。投打のバランスが取れた選手に成長したい」

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。