ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1019日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

秋季四国高校野球・県大会

第1日 1回戦【松山中央 3-1 川之江】松山中央、右腕が好投 川之江、反撃1点どまり

2019年9月29日(日)(愛媛新聞)

【川之江―松山中央】先発し、7回0/3を1失点と好投した松山中央・藤田=今治球場

【川之江―松山中央】先発し、7回0/3を1失点と好投した松山中央・藤田=今治球場

 【評】松山中央は右腕藤田の好投が勝因。伸びのある直球に変化球を交えて八回途中まで投げ、1失点に抑えた。外野陣も軽快な守りで支えた。攻撃は五回、石井と伊与田の連続適時打で2点を挙げ、主導権を握った。

 川之江の右横手投げ高見も7回2失点にまとめたが、打線は代打森実の犠飛で1点を返すのにとどまった。

 

◆制球がいまひとつ◆

 【松山中央・藤田投手】(勝利を呼ぶ好投も)「直球の制球がいまひとつだった。地区予選後、フォーム改良に取り組んだが、まだ固まっていない。変化球でストライクが取れ、川之江打線はタイミングが合っていなかった」

 

◆守備で弱さが出た◆

 【川之江・嶋岡右翼手】(2安打を記録も、先制を許した場面の守備を悔やむ)「本塁に返球してアウトにするため、積極的に前に出て捕球したかったが、それができない弱さが出た。バッティングも課題が見つかった」

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。