ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1118日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

松山・堀之内公園

英国発祥のパークラン 子どもから大人まで100人参加

2019年9月28日(土)(愛媛新聞)

松山城下を歩き、爽やかな汗を流すパークラン参加者

松山城下を歩き、爽やかな汗を流すパークラン参加者

 毎週土曜日の朝に公園などで歩いたり走ったりする英国発祥の運動イベント「parkrun(パークラン)」が28日、愛媛県松山市堀之内公園で始まった。四国では初の試みで、初日は子どもから大人まで約100人がそれぞれのペースで約5キロの完走を目指した。

 一般社団法人「パークランジャパン」が主催。日本での展開を支援する住友生命によると、同イベントは2004年に生まれ、世界21カ国、毎週2000カ所以上で開催されており、地域のコミュニティー形成の場などになっている。

 28日は創設者で英国在住のポール・シントン・ヒューイットさん(59)も参加し「人々が集まる場になり、社会をより良くする活動。競争ではないので楽しんで」と話した。

 参加者は午前8時、一斉にスタートし、ボランティアスタッフの後押しを受けながら、公園内を周回した。松山市の会社員の女性(25)は「朝は爽快で、みんなと一緒に走るのも楽しい」と笑顔を見せた。

 パークランのホームページで、ランナーやボランティアを募集しており、10月12日には今治市でも開始予定。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。