ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1121日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

厚労省

今治の歯科 保険医指定取り消し 診療報酬168万円不正請求

2019年9月27日(金)(愛媛新聞)

 約1年5カ月の間に診療報酬計168万6359円を不正に請求したなどとして厚生労働省四国厚生支局愛媛事務所は26日、今治市波方町部の歯科医院の保険医療機関指定と、院長の歯科医師(53)の保険医登録をいずれも27日付で取り消すと発表した。

 事務所によると、院長は「生活が成り立たないほど赤字で、収入を増やしたかった」と話し、5、6年前から不正請求していた旨の説明をしている。不正分は返還の意思があるという。

 2016年11月に「市役所から送付された医療費通知に受診していない記録がある」との匿名の連絡が事務所にあり、院長が架空請求などを認めたため、17年9月~18年10月に計7回監査を実施した。

 監査では15年10月~17年2月の間に、延べ51人(実人数30人)分の診療報酬の架空請求など不正請求を確認したほか、カルテに検査結果の記載がないなど診療報酬の算定に満たないなどの不当請求13人分(11万3774円)も判明した。

 医院は27日から5年間は保険診療ができない。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。