ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1016日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

四国アイランドリーグplus CS第3戦

愛媛MP無念 総合V逃す 先制も徳島に逆転負け

2019年9月24日(火)(愛媛新聞)

【徳島―愛媛MP】5回裏愛媛MP1死三塁の守り、勝ち越しの三塁打を許し打球の方向に目をやる愛媛MPの先発平松=JAバンク徳島スタジアム

【徳島―愛媛MP】5回裏愛媛MP1死三塁の守り、勝ち越しの三塁打を許し打球の方向に目をやる愛媛MPの先発平松=JAバンク徳島スタジアム

 四国アイランドリーグplusの年間総合優勝を決めるチャンピオンシップ(CS、2戦先勝方式)第3戦は23日、徳島県のJAバンク徳島スタジアムで行われ、愛媛マンダリンパイレーツ(MP)は徳島に2―4で敗れた。対戦成績は1勝2敗となり、徳島の年間総合優勝が決まった。

 先制に成功した愛媛MPだったが、以降は打線が振るわなかった。5回に勝ち越しを許し、反撃も8回に犠牲フライで1点を返すのが精いっぱいだった。

 CSの敢闘賞に愛媛MPの鳥丸が選ばれた。3試合に出場し、12打数6安打の成績を残した。

 

 【評】愛媛MPは初回、梶とヘイドーンの連続長短打で幸先よく先制したが、二回以降は打ちあぐねた。

 先発した右下手投げの平松は緩い変化球を使い、徳島打線をかわしていたが、五回に連続三塁打を含む3安打を浴び2点を失った。六回からはCS第2戦で好投した福田を投入も1点を奪われ、流れを呼び込めなかった。

 

◆中盤良かったが…◆

 【愛媛MP・平松投手】(5回3失点に)「ストライクとボールの投げ分けが徹底できず、無駄な四死球を出してしまった。中盤は良い感覚があったが、カウントを悪くしてストライクを取りにいった球を打たれた」

 

◆ここぞで一本出ず◆

 【愛媛MP・中西中堅手】(八回に得点の足掛かりとなる安打)「真っすぐを狙っていた。(徳島の竹内投手は)初戦に比べて球はきていなかったが、勢いや気持ちの部分で上回っていた。ここぞで一本を打てなかった」

 

◆敗戦は自分の責任◆

 【愛媛MP・河原監督】(2年連続CS敗退に)「選手の力不足もあるだろうが、勝ちきるチームをつくれていない自分の責任。選手は一生懸命戦い、後期優勝をつかんだ。そこは評価してあげたい」

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。