ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1115日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県内交通機関に乱れ

台風17号 あすにかけ大雨注意

2019年9月22日(日)(愛媛新聞)

 

 大型で強い台風17号は21日午後、沖縄・久米島の北西の海上を北に進んだ。松山地方気象台によると、台風の北上に伴い西日本に温かく湿った空気が流れ込み、県内は22日から23日にかけて大気の状態が非常に不安定になる見込み。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに注意を促している。

 21日午後4時45分に気象台が出した県気象情報によると、東中南予の22日の1時間降水量はいずれも多いところで50ミリ、同午後6時までの24時間降水量は200ミリで、その後も23日午後6時までに100~200ミリの雨が予想される。

 22日は風が強まり、予想最大風速は東予陸上12メートル、海上15メートル▽中予陸上15メートル、海上18メートル▽南予陸上18メートル、海上23メートル。東予東部は22日朝から23日にかけ、最大瞬間風速25メートル以上のやまじ風に注意が必要。

 南予は22日に波の高さ5メートルのうねりを伴ったしけとなる見込み。気象台は21日午後9時33分、県内に雷、強風、波浪注意報を出し、突風や急な強い雨のほか高波に注意を呼び掛けている。

 台風17号接近に伴い交通機関にも乱れが出ている。

 松山―柳井の防予フェリーは22日、午前7時20分以降の松山発計10便と柳井発全便のほか、23日も未明の各3便を欠航する。

 宇和島運輸の八幡浜―別府・臼杵、九四オレンジフェリーの八幡浜―臼杵、国道九四フェリーの三崎―佐賀関はいずれも22日、終日欠航する。宇和島運輸は23日午前0時20分~8時50分の時間帯に出発する各便も欠航する。以降の出発便は未定。九四オレンジフェリーも23日、八幡浜、臼杵発の始発と次の便を欠航する。国道九四フェリーは23日の運航について22日の夕方に決める予定。

 また、日航は22日午後3時45分と同6時10分の松山発福岡行き、同4時50分福岡発松山行きの計3便を欠航する。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。