ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1015日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

奪首へ3連勝期す

FC今治 あす22日、ホームで宮崎戦

2019年9月21日(土)(愛媛新聞)

テゲバジャーロ宮崎戦に向けて練習に取り組むFC今治の選手=20日、今治市高橋ふれあいの丘

テゲバジャーロ宮崎戦に向けて練習に取り組むFC今治の選手=20日、今治市高橋ふれあいの丘

 日本フットボールリーグ(JFL)のFC今治は22日午後4時から、ありがとうサービス.夢スタジアムでテゲバジャーロ宮崎と対戦する。次戦には首位ホンダFCとの直接対決を控えており、3連勝で勢いをつけたいところだ。

 FC今治の通算成績は11勝8分け1敗(勝ち点41)で順位は2位。前節の東京武蔵野シティ戦ではFW内村、桑島の2試合連続ゴールで3点を奪って快勝した。

 宮崎は8勝7分け6敗(勝ち点31)の6位で、特徴あるFWを中心とした攻撃的なサッカーが持ち味。フィジカルを生かしたポストプレーやヘディングを得意とする水永と快足のナイジェリア人ストライカー、サミュエルに注意が必要だ。

 FC今治は4月のアウェー戦を2―0で勝利している。前節、途中交代したDF園田とFW有間が全体練習に参加せず別メニューで調整しており、園田の代わりに太田が入りそう。今季初出場したMF長島も調子を上げており、初先発にも期待がかかる。

 前節、PK2本を決めた内村は「難しい相手にも、準備をして改善してきたことが出せている。目先の試合に集中して攻撃の精度を上げたい」と意気込む。先制ゴールを挙げた桑島も「FW陣がこのまま続けて活躍できれば優勝に手が届く。勝利が次につながるので、100パーセントの力を出せるように準備していく」と語った。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。