ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1014日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

四国アイランドリーグplus

MPいざ年間総合Vへ CSきょう21日、徳島で開幕

2019年9月21日(土)(愛媛新聞)

 四国アイランドリーグplusのチャンピオンシップ(CS)が21日開幕する。年間総合優勝を懸け、後期王者の愛媛マンダリンパイレーツ(MP)と前期を制した徳島がぶつかり、先に2勝したチームが頂点に立つ。栄冠への鍵を探った。

 今季の対戦成績は、愛媛MPの9勝8敗3分け。河原監督は「優勝した後期も竹内、上間両投手を打てていない。この2人をいかに攻略するか」と勝利のポイントを挙げる。

 徳島の二枚看板は、ともに右上手投げで切れのいい直球が魅力。今季、竹内は最多勝利(8勝)、上間は最優秀防御率(1・40)に輝いた。愛媛MP打線は後期優勝争いもヤマ場に入ってきた8月下旬以降、2人に完封勝利を献上している。

 一方、中西と岡村の複数安打を筆頭に上間に8安打を浴びせた試合もあり、鳥丸や梶らを含めた左打者が突破口を開けるかが得点を左右しそうだ。

 大量点は望みにくいだけに、勝利には愛媛MP投手陣の粘りが欠かせない。第1戦に先発の正田は、今季徳島戦6試合に先発し3勝1敗。全試合でハイクオリティースタート(先発投手が7回以上投げ、自責点2以下)を達成しており、チームに流れを呼び込む投球が期待される。

 第2戦以降の先発が予想されるクインティンや平松も後期後半はしっかりと試合をつくり、優勝に貢献した。片山、福田の救援陣も含め、最少失点でしのいで勝機を探りたい。徳島は盗塁にも積極的で、バッテリーを中心に十分な警戒が必要となってくる。

 

 CSはJAバンク徳島スタジアムで幕開けし、第2戦は22日に坊っちゃんスタジアムで行う。どちらも2勝していなければ、第3戦を23日にJAバンク徳島スタジアムで開催する。試合開始はいずれも午後6時。

 CSの勝者は、ルートインBCリーグの優勝チームと「独立リーグ日本一」を懸けたグランドチャンピオンシップ(GCS、10月5日開幕)に進出する。

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。