ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1024日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

ラグビーW杯開幕 声援、列島スクラム

ファン90人熱狂 松山でPV

2019年9月21日(土)(愛媛新聞)

前半終了間際に日本の逆転トライが決まって盛り上がるPV参加者=20日夜、松山市堀之内

前半終了間際に日本の逆転トライが決まって盛り上がるPV参加者=20日夜、松山市堀之内

 4年に1度、ラグビー世界一を決める第9回ワールドカップ(W杯)日本大会は20日、4万5745人の大観衆を集めた東京・味の素スタジアムで開幕戦が行われ、初の8強入りを狙う世界ランキング10位の日本が同20位のロシアを相手に30―10で白星発進した。

 

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会が開幕した20日夜、松山市堀之内のNHK松山放送局で日本―ロシア戦のパブリックビューイング(PV)があり、ファン約90人が日本代表チームに声援を送った。

 キックオフのホイッスルが鳴り、参加者はスティックバルーンを手に観戦。ロシアに先制され、ビデオ判定で日本のトライが認められないなど手に汗握る展開を固唾(かたず)をのんで見守った。

 前半終了間際に日本が逆転すると、「やった」「よし」とひときわ大きな歓声を上げ、トライが決まるたびにバルーンをたたいて盛り上がった。

 日本の白星スタートに、最前列で応援していた市内の大学生山本麻央さん(19)は「日本らしい粘り強いプレーだった。特に松島幸太朗選手が大外で積極的に勝負していてさすがだった」と興奮した様子。松山ラグビースクールに通う日浦中3年の西村明さん(14)は「キック処理のミスが多くて前半は心配した」と胸をなで下ろした。

 同局は28日のアイルランド戦もPVを実施する。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。