ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1117日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

八幡浜高

高校生記者 陸上・長距離 都大路目指し計画的練習

2019年9月18日(水)(愛媛新聞ONLINE)

 

 

 

 

 八幡浜高校(八幡浜市)の高校生記者5人が9月18日、高校駅伝の強豪・陸上部を取材し、顧問や長距離部門の男女主将に11月の全国高校駅伝県予選に向けての意気込みや心構えなどを聞きました。

 長距離部門の部員は男子12人、女子10人。この中から駅伝選手を選抜して大会に臨みます。県予選で男子は過去4回優勝、女子は現在12連覇し、全国大会に出場しています。

 高校生記者は、こうした実績に輝く強さの秘密に迫りました。顧問の先生には、陸上部の独自性や練習メニュー、練習姿勢などを質問。生徒数が減り部員確保が難しい一方、遠距離通学などで練習時間に制約があったり、狭いグラウンドを野球部やラグビー部と分け合ったりと厳しい環境の中で、精進していることを知りました。

 陸上経験がなくても3年たてばインターハイ出場ということを目標に、毎月、日々の詳細な練習メニューを組み計画的な練習を積んでいるそうです。特に、同校独自の練習法が、「走る練習」と「走らない練習」が半分ずつだということです。

 当面の目標について、男子主将は「全国高校駅伝に出場し、都大路を走ること」、女子主将は「県予選で13連覇」と話していました。

 写真担当者は、部員らのさまざまな練習風景をカメラに収めていきました。ランニング練習では、スピードが上がるにつれ、シャッターチャンスは一瞬です。手ぶれも許されません。最良のポジションどりをし、真剣に選手らと向き合いました。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。