ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1021日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

入院男性骨折

機器不具合か JCHO宇和島病院で転倒事故

2019年9月18日(水)(愛媛新聞)

 独立行政法人地域医療機能推進機構宇和島病院(JCHO宇和島病院、宇和島市賀古町2丁目)で7月上旬、入院中だった男性利用者(84)=西予市=が約6週間のけがを負い、県の臨時立ち入り検査を受けていたことが17日までに分かった。男性の親族は病院側に過失があったと主張しており、被害届の提出などを検討している。

 家族や県宇和島保健所によると、男性は6月11日に宇和島市内の病院からJCHO宇和島病院に転院。自力歩行が困難で、要介護認定を受けている点などを考慮し、ベッドから起き上がると自動的にナースコールと連動する離床センサーをベッドに取り付けていた。

 7月5日午前4時ごろ、男性がトイレに行こうと病室から廊下に出たときに転倒。離床時にセンサーは反応せず、ナースコールは鳴らなかった。物音に気付いた看護師が倒れている男性を発見。男性は左大腿(だいたい)骨頸部(けいぶ)を骨折しており、病院側は家族に状況を説明した上で手術を実施した。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。