ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1016日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

四国六大学野球

松山大が勝ち点 愛媛大は敗れる 

2019年9月16日(月)(愛媛新聞)

 秋季四国六大学野球リーグ第4週第2日は15日、高知県の室戸球場で2回戦3試合を行った。松山大は10―3で香川大を七回コールドで下し、勝ち点を獲得。愛媛大は高知工科大に3―5で敗れ、勝ち点を逃した。

 松山大は初回、渡部颯の2点三塁打や渡部壮(松山聖陵高出)のタイムリーなど打者14人の猛攻で8点を挙げた。七回に2点を追加し、大東、高橋謙(帝京第五高出)のリレーでリードを守りきった。

 愛媛大は先発の吉本ら登板した投手5人が計12四球と制球に苦しんだ。三、四回に2点ずつを失い、主導権を奪われた。1―4の六回、宮本の三塁打で1点差に迫ったが、その後は好機をつくれなかった。

    キーワードで関連記事を検索できます

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。