ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1017日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

今治市出身

パラ競泳・山口選手 世界新たたえ県庁に懸垂幕

2019年9月14日(土)(愛媛新聞)

 

 パラ競泳の世界選手権男子100メートル平泳ぎ(知的障害)で世界新をマークし頂点に立った山口尚秀選手(18)=今治市出身=をたたえようと、愛媛県は13日、県庁本館正面に懸垂幕=写真=を設置した。

 懸垂幕は縦7メートル、横1メートル。13日午後5時半ごろから業者らが設置作業を行った。県は「パラアスリートの活躍を県民に広く周知し、選手にとっても今後の活躍の励みになれば」としている。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。