ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
916日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

市職員ら60人が生態学ぶ

県がセアカゴケグモ対策研修会 新居浜

2019年9月11日(水)(愛媛新聞)

セアカゴケグモが巣を作りやすいグレーチングの裏などを調べる県職員ら=10日午後、新居浜市垣生3丁目

セアカゴケグモが巣を作りやすいグレーチングの裏などを調べる県職員ら=10日午後、新居浜市垣生3丁目

 特定外来生物で有毒の雌のセアカゴケグモが8月下旬以降、愛媛県新居浜市垣生3丁目のマリンパーク新居浜で大量に見つかっていることを受け、県は10日、同所で対策研修会を開いた。県の建物管理担当者や市職員ら計60人が生態を学び、隣接するフェリーターミナル駐車場周辺と合わせて計50匹を駆除。市内の駆除数は計359匹となった。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。