ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1118日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

なでしこリーグ2部第11節

愛媛L 後半戦初勝利 C大阪堺に4―3

2019年9月8日(日)(愛媛新聞)

【愛媛FCL―C大阪堺】後半41分、同点ゴールを決める愛媛FCL・仲松(16)=宇和島市丸山公園陸上競技場

【愛媛FCL―C大阪堺】後半41分、同点ゴールを決める愛媛FCL・仲松(16)=宇和島市丸山公園陸上競技場

 サッカー女子のプレナスなでしこリーグ2部第11節は7日、宇和島市丸山公園陸上競技場などで2試合を行い、愛媛FCレディース(L)はC大阪堺を4-3で下し、リーグ後半戦の初白星を挙げた。通算成績は8勝1分け2敗(勝ち点25)で、順位は暫定首位。

 愛媛FCLは前半を2―2で折り返した。後半8分に3点目を許したが、途中交代の仲松が同点ゴール。ロスタイムには大矢が勝ち越し弾を決めて逆転した。

 愛媛FCLは次節、14日午後1時から県総合運動公園球技場で京都SCと対戦する。

 

◆最後に頑張り出た◆

 【愛媛FCL・赤井監督の話】 前半は運動量が少なく相手のプレッシャーをかわすことができなかった。先制されミスからの失点もあり厳しい試合だったが、最後に選手たちが頑張って結果を出せたことは良かった。

 

◆チームのため得点◆

 【愛媛FCL・上野】(今季5点目)「前半で追い付けてよかった。相手DFの裏のスペースが空くことは分かっていた。今日出た課題もあるので、次の試合に向けて切り替えて、これからもチームのために得点したい」

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。