ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1112日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

2日・県内小中学校で始業式

目標胸に さあ新学期

2019年9月3日(火)(愛媛新聞)

夏休みの絵日記を提出する八坂小学校の1年生=2日午前、松山市湯渡町

夏休みの絵日記を提出する八坂小学校の1年生=2日午前、松山市湯渡町

 県内のほとんどの公立小中学校で2日、2学期の始業式があった。夏休みを終えた子どもたちは「苦手なものもきちんと食べる」「ひらがなを上手に書けるようになる」とそれぞれの目標を胸に新学期のスタートを切った。

 松山市湯渡町の八坂小学校の始業式では渡部万美江校長が「運動会など行事がたくさんある。今できることに一生懸命に取り組んでほしい」と一人一人に期待し、「未来に向け、時間を大切に積み重ねてください」と語り掛けた。

 1年生の教室では、児童が、プールや遊園地で遊んだ夏休みの思い出話に花を咲かせた。早速2学期の目標を決め、真剣な表情でプリントに書き込んでいた。女子児童(6)は「音楽会が楽しみ。早寝早起きを頑張る」と話した。

 県教育委員会によると、積雪のため冬休みが長い西予市野村町大野ケ原の大野ケ原小学校は8月26日に始業式を終えている。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。