ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1015日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県が初の選定

薬物・ギャンブル依存症 専門医療機関に正光会今治病院

2019年9月3日(火)(愛媛新聞)

 県は2日、薬物とギャンブルの依存症治療で一定の基準を満たす専門医療機関に、今治市高市の正光会今治病院を県内で初めて選定した。選定機関では、依存症治療の研修を修了した医師による専門的な入院や外来の医療を受けられる。

 厚生労働省は2017年6月の通知で、各都道府県に1カ所以上の専門医療機関選定を要請。県は今年4月に策定した薬物とギャンブルに関する各依存症対策推進計画で、専門医療機関を東中南予で各1カ所、啓発の情報発信や人材育成などの中心的な役割を担う治療拠点機関を県内で1カ所以上選定することを目標としている。

 正光会今治病院は東中南予各1カ所のアルコール依存症の専門医療機関にも選定されている。県健康増進課は「依存症は相談先が分かりづらく、選定が受診につながってほしい」とした。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。