ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1027日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

技術と精神の鍛錬を重ねた成果

四国3県176人が空手の技競う 松山

2019年9月1日(日)(愛媛新聞)

切れのある形の演武をみせる女子選手

切れのある形の演武をみせる女子選手

 第19回日本空手協会四国空手道選手権大会がこのほど、松山市市坪西町の県武道館であった。愛媛、香川、高知の計176人が形と組手で、技術と精神の鍛錬を重ねた成果を披露した。

 小学生から一般まで、男女や年齢別など計28部門を実施。小学生の部では形、組手とも団体戦が行われ、同じ道場の仲間や保護者らの大声援を受け、選手らは一生懸命さが伝わる試合運びで会場を沸かせていた。年齢が上がるごとにハイレベルな戦いとなり、切れのある動きに観戦者も真剣に見入っていた。

 小学5・6年女子の形で優勝した波方小6年の小林知世さん(11)は「これまで勝ったことのない相手に勝ち、信じられない思い。指導者や親など支えてくれた人たちに感謝したい」と喜んでいた。

 

 ほかの優勝者は次の皆さん(男女の順)。

【形】小学1・2年 青野彪琉(乃万)竹井千笑(砥部)

▽同3・4年 真鍋凜太郎(今治南)竹本結(香川)

▽同5・6年男子 篠原至成(砥部)

▽中学 飯尾琉生(乃万)篠原光音(砥部)

▽高校男子 桐島竜生(高知)

▽一般 高橋聖汰(波方)筒井美央(香川)

▽団体小学1・2年 愛空会A

▽同3・4年 光倫館支部A

▽同5・6年 光倫館支部A

 

【組手】小学1・2年 青野彪琉(乃万)竹井千笑(砥部)

▽同3・4年 三宮多聞(高知)小原芽生(光倫館)

▽同5・6年 飯尾康生(乃万)村上和奏(香川)

▽中学 村上圭翔(乃万)篠原光音(砥部)

▽高校男子 桐島竜生(高知)

▽一般 高橋聖汰(波方)筒井美央(香川)

▽団体小学3・4年男子 高知中央支部A

▽同3・4年女子 光倫館支部

▽同5・6年男子 波方支部

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。