ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
127日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

四国六大学野球

愛媛大・松山大 1点差で涙

2019年9月1日(日)(愛媛新聞)

 秋季四国六大学野球リーグ第2週第1日は31日、高知県香美球場などで1回戦3試合を行った。愛媛大は高知大に2―3、松山大も四学大に1―2で敗れ、ともに1点差に泣いた。

 愛媛大は初回に敵失と暴投で1点を先制したが、1―1の六回に先発亀岡(松山東高出)が3本の安打で2点を勝ち越された。八回には無死三塁から大前の適時内野安打で1点を返し、さらに太田の内野安打などでチャンスを広げたが、併殺打などで好機を生かせなかった。

 松山大は2点を追う八回、2死一、二塁から古森(小松高出)の右前適時打で1点差に迫り、九回にも得点圏に走者を進めたが、あと一本が出なかった。先発大東は5回を無失点に抑える好投。2番手の高橋謙(帝京第五高出)がつかまった。

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。