ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
922日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

陸上四国選手権

愛媛勢が男女ともに総合優勝 崎山・竹内が大会新

2019年8月26日(月)(愛媛新聞)

 陸上の第67回四国選手権兼第61回四国4県対抗大会(愛媛新聞社など主催)最終日は25日、香川県のPikaraスタジアムで男女19種目の決勝を行い、愛媛勢は計7種目を制して男女ともに総合優勝した。

 男子やり投げで崎山雄太(愛媛陸協)が78メートル54の大会新記録で頂点に立った。女子800メートルでは竹内麻里子(愛媛銀行)が2分9秒44の大会新で制し、24日の1500メートルとの2冠を達成。崎山と竹内は男女の最優秀選手に選ばれた。

 男子走り高跳びの徳永和馬(環太平洋大)が2メートル17の県新記録で優勝、2位だった混合1600メートルリレーも3分31秒68で県記録を更新した。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。