ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
128日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

大洲市 JA愛媛たいき直売所

「愛たい菜」復興へ南予の元気野菜届ける

2019年8月26日(月)(愛媛新聞ONLINE)

 

 

 

 

 JA愛媛たいきの直売所「愛たい菜」(大洲市東大洲)は、肱川氾濫で売り場は高さ約1・4メートルまで浸水。水が引いても建物内や駐車場に大量の泥がたまり、職員や出荷者らが復旧作業を進め、2カ月後の2018年9月8日に仮オープン。順次売り場を整備し10月1日に本オープンした。

 松山自動車道大洲インターチェンジに近く、年間75万~80万人に上る来場者のうち半分近くが市外客とされる。宮岡寛樹店長は「1年以上が経過し、出荷者や取り扱う野菜類は被災前の95%まで回復した」というが、売上は9割ほど。

 夏場の売れ筋商品だったジェラードが機械故障や人手不足から稼動できていない。9月からは大洲のいもたきに使われるサトイモが登場。ブドウやナシ、栗などの品揃えも充実する。地元の新鮮な農産物を並べ、災害に負けず大洲の元気を発信していく。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。