ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
922日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

松山

高齢者の夕暮れ時の事故防止へ反射材贈呈

2019年8月24日(土)(愛媛新聞)

県交通安全協会の中川専務理事(右)に目録を贈呈した県自動車整備振興会の日野会長

県交通安全協会の中川専務理事(右)に目録を贈呈した県自動車整備振興会の日野会長

 夕暮れ時の歩行者事故が多発する傾向のある秋や冬を前に反射材の普及を図ろうと、県自動車整備振興会(日野利一会長)と日本自動車販売協会連合会県支部(竹葉晃専務理事)は19日、県交通安全協会に反射ステッカー計8240個を贈った。

 県警本部であった贈呈式で日野会長が「悲惨な事故撲滅に活用してもらいたい」とあいさつ。日野会長と竹葉専務理事から目録を受け取った県安協の中川純市専務理事は「夜間早朝に活動する高齢者などに配布し、死亡事故抑止につなげたい」と謝辞を述べた。

 県警は反射ステッカーを活用し、高齢歩行者の交通事故発生率が高い地域などで反射材直接貼付活動を実施する。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。