ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
922日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

8月23~25日

ジュニアチアチーム「オッターズ」全国大会に初出場

2019年8月21日(水)(愛媛新聞ONLINE)

全国大会に出場するオッターズのメンバー

全国大会に出場するオッターズのメンバー

高さを出した演技を練習するメンバー

高さを出した演技を練習するメンバー

中国四国選手権大会での演技の様子(オッターズ提供)

中国四国選手権大会での演技の様子(オッターズ提供)

 ジュニアチアリーディングチーム「オッターズ」が8月23~25日、東京・調布市で開かれる全国大会「JAPAN CUP2019 日本選手権大会」に初出場する。2分半の演技時間に全てを懸ける子どもたちは夏休みを返上し特訓を続けている。

 

 愛媛大でチアリーディングを指導する堀内由美代表が2014年4月に立ち上げた。メンバーは未就学児~中学3年生の45人。松山市を中心に、内子町や久万高原町からも通う。チーム名は県獣にちなみ、ニホンカワウソの英語名から付けた。

 7月、岡山市で中国四国選手権大会があり、自由演技競技の中学校の部、小学校高学年の部でそれぞれ優勝。全国大会への出場資格を得た。ただ、指導者が1人しかいないため、全国大会出場は中学校の部に絞った。

 練習では、複数人が1人を持ち上げて頭上で支えたり宙に舞ってポーズを決めたりというアクロバティックな動きを何度も確認。音楽に合わせて元気よく声を出し、完成度を磨いた。

 リーダーで松山市の南第二中学校2年続木さくらさん(14)は「何日も繰り返し練習するのでしんどいけど、一つの目標に向かって仲間をやっていくのが楽しい」。内子町から通う五十崎中学校2年鍛治岡齊(なずな)さん(14)は「中四国大会ではミスなく最後まで笑顔でできた。全国大会でもこのメンバーで元気と感動を伝えたい」と張り切る。

 全員で決めた目標は準決勝進出。堀内代表は「準決勝に進むには地区大会より40点近く得点を上乗せしないといけないのでかなり厳しいが、全力でできればその頑張りは財産になる」と地区大会より高難度の技を引っ提げ、全国の舞台に挑む。

 

 入部募集中。問い合わせはオッターズotters.cheer@gmail.com

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。