ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
924日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

松山でeスポーツ大会

パズルゲーム 10~30代熱戦

2019年8月20日(火)(愛媛新聞)

「ぷよぷよ」の腕前を競ったeスポーツ大会の参加者

「ぷよぷよ」の腕前を競ったeスポーツ大会の参加者

 コンピューターゲームを競技とする「eスポーツ」大会が18日、松山市宮田町のキスケKITであり、県内外の10~30代の約30人が幅広い層が楽しめるパズルゲーム「ぷよぷよ」で腕前を競った。

 大会は同施設を運営するキスケがeスポーツの県内での普及を図ろうと主催した。これまでに野球や格闘ゲームなどで開催し4回目。

 参加者は、落下するぷよぷよを素早くコントローラー操作し「連鎖」を完成させた。何重もの連鎖で相手を追い込んで勝利すると、会場からは大きな拍手が上がった。

 ぷよぷよ歴3カ月の新居浜工業高等専門学校(新居浜高専)5年の前田健太朗さん(20)は「操作ミスがあったがリカバリーできた。相手の連鎖を崩す自分のパターンで次も勝ちたい」と意気込んだ。

 プロゲーマーのあめみやたいようさんも来場。大会優勝者と対戦したほか、「テトリスの神」と呼ばれるスゴ技を解説しながら披露した。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。