ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
924日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

女子軽量級・国本さんら

空手全国大会 準Vなど報告

2019年8月20日(火)(愛媛新聞)

今治市役所で空手の全国大会での活躍を報告し、表彰状を手に笑顔の(左から)松井さん、国本さん、北君

今治市役所で空手の全国大会での活躍を報告し、表彰状を手に笑顔の(左から)松井さん、国本さん、北君

 大阪市でこのほどあった「第35回オープントーナメントウエイト制・全日本空手道選手権大会」(極真関西総本部主催)の女子軽量級で、今治市の新来島どっく勤務の国本明佳さん(19)が準優勝し、同大会と、併催の少年少女大会で活躍した地元2選手とともに7月末、市役所を訪れ結果報告した。

 極真会館愛媛県戸田道場今治道場所属の国本さんは昨年は2回戦で負け、背水の陣で臨んだ今回は得意の上段回し蹴りで快進撃。決勝で惜敗したが10月のロシアワールドカップ出場を決め、市役所で越智博副市長に「優勝できなかった悔しさを晴らす」と誓った。

 国本さんと同じ道場所属で「第24回オープントーナメント全日本少年少女空手道選手権大会グランドチャンピオン決定戦」高校1年男子軽量級3位の松井弥陸さん(15)=今治南高校=も「膝蹴りを磨く」。小学5年男子の部で8強入りした北光希君(10)=常盤小学校=も「正拳突きが決まってうれしい」と話した。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。