ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
924日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

シーズン開幕を控え、本格始動

愛媛OV 目指せB1昇格 練習に汗

2019年8月20日(火)(愛媛新聞)

シーズンに向け本格始動した愛媛OVのグレスマンHC(手前)と選手=19日、松前公園体育館

シーズンに向け本格始動した愛媛OVのグレスマンHC(手前)と選手=19日、松前公園体育館

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の愛媛オレンジバイキングス(OV)が19日、9月21日のシーズン開幕を前に本格始動し、チーム練習を公開した。リチャード・グレスマンヘッドコーチ(HC)や選手8人らが松前公園体育館で約1時間半の練習に汗を流し、20勝40敗で西地区5位と低迷した昨季からの巻き返しを誓った。

 今季は楯昌宗、笠原太志、高畠佳介の3選手が残留し、俊野達彦(新田高出)とチェハーレス・タプスコットが2季ぶりに愛媛OVに復帰した。ルーキーの速井寛太や身長208センチのクリス・ブレディら若手も加入した。

 19日は基本技術の確認や体力づくりを重視したメニューを実施。選手らは体育館で気迫のある掛け声を響かせ、大粒の汗を流して練習に取り組んでいた。

 グレスマンHCは「リーグを代表するくらい、得点力の高いチームづくりを目指す。日々レベルアップしながら、昨季を超える成績を残す」と語った。2016年から2季、主将を務めた俊野は「また地元でプレーできることはうれしい。やるからにはプレーオフ進出、B1昇格を目指す」と力を込めた。

 チームは8月31日に新主将などを発表。9月21、22日に香川でのアウェー戦に臨み、同27、28日に松山市総合コミュニティセンターでホーム開幕戦を行う。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。