愛媛新聞ONLINE

2021
623日()

新聞購読
新規登録
メニュー

県勢 敗者復活に望み

松山で俳句甲子園が開幕

2019年8月18日(日)(愛媛新聞)

32チームが集まった俳句甲子園全国大会で、予選リーグを戦う今治西伯方分校(右側)=17日午前、松山市の大街道商店街

32チームが集まった俳句甲子園全国大会で、予選リーグを戦う今治西伯方分校(右側)=17日午前、松山市の大街道商店街

 全国の高校生が句作や鑑賞力を競う「第22回俳句甲子園全国大会」(実行委員会主催)が17日、愛媛県松山市で始まり、22都道府県から出場した32チームのうち、名古屋B(愛知)、星野(埼玉)、弘前(青森)、向陽(和歌山)の4チームが、18日に市総合コミュニティセンター(同市湊町7丁目)で開かれる決勝リーグ進出を決めた。

 

    残り:369文字/全文:526文字

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。